新入荷情報

今週の新入荷(2017年6月29日)とピックアップ3本!

今週の新入荷(2017年6月29日)とピックアップ3本!
阿武の鶴(あぶのつる) 点と線 900円/一合 山口県
 山口県阿武郡阿武町の阿武酒造さんです。以前このコーナーでご紹介した「三好」もこの蔵元さんです。その時も斬新なラベルに驚きましたが、今回の「点と線」も潔いほどミニマルなラベルで、点と線を表現しています。「点と線」と云っても、松本清張とは全く関係ないようで、蔵元曰く「今までの経験や出会いの一つ一つの点が、全て線で繋がっていることを実感。これからも一つ一つの点を大切に、線を繋いでいけるようにとの願いを込めた」とのこと。若手だけどしっかりしていますね。それは味にも表れていて、酸味が効いていてドライな喉越しと、綺麗で上品な旨味が見事に調和しています。「山田錦」を50%まで磨いて醸した純米吟醸の生詰です。今後も味、ラベル共に楽しみな蔵元さんですよね。
純青(じゅんせい) 生酛純米吟醸 無濾過生 愛山 900円/一合 兵庫県
 兵庫県加西市の富久錦さんです。創業は1839年。地元の米を原料に純米酒のみを醸しています。「純青」シリーズは、従来の酒造法を再度見直し、教科書通りの造り方や既成概念から脱却して、自分達がおいしいと思うお酒を自分たちのやり方で表現すべきとの思いから、2014年に新しく立ち上げたブランドです。「純青」とは、炉の火が最高温度に達したとき純青色になることから、それを学問や技能が最高の域に達することに例えた言葉「炉火純青」に由来しているのだとか。「純青」シリーズは生酛造りのようで、このお酒も「愛山」を60%まで磨いて、生酛造りで醸しています。「愛山」のストイックな部分と酸味が強く引き出されていますよ。少し温まるとしっかり旨味も出てきて、ビジュアル系と思いきや、実はマッチョなお酒かな?
十旭日(じゅうじあさひ) 麹39 900円/一合 島根県
 島根県出雲市のアーケード商店街の中にある蔵元です。旭日酒造さん。お酒の名前は「じゅうじあさひ」と読みます。この蔵元さんのお酒は、がっつり骨太でコク深く、しっかりした味わいなのですよ。このお酒もまた然りなのですが、ちょっと違うのは麹の割合を39%にして加える水の量を少なくしているところです。通常の造りでは麹米は全体の1/4程度です。世の中にはオール麹というお酒もありまして、とても濃厚で甘酸っぱいお酒になるのですが、このお酒もそっち側ですね。日本酒度-29、酸度2.7、アルコール度18です。そのまま冷で呑んでも良いのですが、ロックも良いですよ(薄まりすぎないように早く呑んでね)。バニラアイスにかけてみても良いでしょう。また燗が面白い。より甘〜くなって癖が消えます。等外の「雄町」を70%まで磨き、7号酵母で醸しています。蔵元の遊び心とチャレンジ精神がラベルにあふれていて、見ていて飽きません。だから呑み手も少し遊んでみてもイイよね〜?
今週は他にも、
東洋美人 一歩 酒未来 (佐賀/一合900円)
あたごのまつ 純米吟醸 ひと夏の恋(宮城/一合800円)
などが入荷しております!

今週の新入荷(2017年6月22日)とピックアップ3本!

今週の新入荷(2017年7月6日)とピックアップ3本!

お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問合せはお電話にて御願いしております。

TEL 03-3220-2952

日曜定休ですが、月曜日が祝祭日の場合は日曜日が営業日となります。

東京都杉並区上荻1-13-3 第一小河原ビル3F

ページトップへ