新入荷情報

新入荷 2017年3月30日

新入荷 2017年3月30日
まんさくの花(まんさくのはな) 純米吟醸生原酒 星あかり 900円/一合 秋田県
秋田県横手市の日の丸醸造さんの「まんさくの花」の純米吟醸生原酒「星あかり」です。「星あかり」は米の名前。昭和62年にキリンビールの植物開発研究所で交配され、東北電力と加工米育種研究所が共同で育成しました。母は「初星」、父は「美山錦」。「初星」と東北電力の「あかり」から名付けられたそうです。主に秋田県と宮城県で生産されている酒造好適米ですが、現在では扱う蔵も片手で数えられるほどになり、希少な米となっているとのこと。その「星あかり」を50%まで磨いて(たぶん秋田酵母で)醸しています。口に含むと繊細でシャープな味わいと綺麗な酸味と上品な甘味があり、細身ながらも芯の強さを持っています。凛としているのに柔和で優しい。こんな女性がいたら絶対に惚れてまうでしょう。今期から一新したラベルも素敵ですよ。
八仙(裏)(はっせん) 純米大吟醸 華想い 1000円/一合 青森県
徹底した裏ラベル。「陸奥八仙」の文字のみならず「純米大吟醸」の文字まで裏返しになっています。ここまでやるなら、蔵元名とかスペックも裏返しにして欲しかった…?青森県が誇る酒造好適米「華想い」を50%まで磨いて醸した純米大吟醸の生々です。で、何故故に「裏」かというと、搾りの際の荒走りと責めのブレンドだから。通常、最もバランスが良いと評価される中取り部分をあえて外した、いわば「中抜き」です。それじゃあ味はイマイチでしょ…と侮ることなかれ。綺麗な口当たりの奥にしっかりと骨太且つキリリとした緊張感もあり、質の高さを感じさせる一品です。「華想い」は、母に「山田錦」、父に「華吹雪」を持つ酒造好適米で、青森県で開発育成されました。高精米が可能で大吟醸向き。陸奥八仙では定番の米です。
三井の寿(みいのことぶき) 純米吟醸 クアドリフォリオ 800円/一合 福岡県
このお酒も春を感じさせる一品ですよね〜。「クアドリフォリオ」とはイタリア語で四葉のクローバーのこと。この蔵元さんのお酒のラベルの愛らしさは熱烈なファンを持つほどですが、中でもクアドリフォリオの可愛さは、ぴかいちですよね。数本に一本、ラベルの右下に小さいクローバーが描かれているものがあり、それを手に出来た人は幸せになれる(かも)。「コアラのマーチ」みたいですよね。「吟のさと」を60%まで磨いて醸した純米吟醸の生々です。今年は今までより日本酒度を下げて+3に。アルコール度15、酸度1.5です。日本酒度を下げたことにより、味に丸みが加わり、旨味とキレが両立した吞み口に仕上がっています。薄にごりなのですが、澱は殆んどなく、適度な甘味にピリリと辛味が効いています。白詰草の花畑の真ん中でお酒を味わっているような、幸せな気分にさせてくれるお酒です。
古伊万里(こいまり) 「前」 純米吟醸 山田錦 900円/一合 佐賀県
「古伊万里」という銘柄からも明らかなように、佐賀県伊万里市の蔵元さんです。創業は明治42年。江戸時代は呉服屋を営んでいたそうですが、酒造業に転業したのだそうです。現在の当主は4代目の前田くみ子さん。上智大学で経営学を学んだ才媛です(なんでも家系を遡ると前田利家にたどり着くとのこと)。蔵元の実力は確かで、純米大吟醸、大吟醸、純米酒は昨年度の福岡国税局の鑑評会で金賞を受賞しています。そしてこの純米吟醸も全米日本酒歓(←誤字ではない)評会で金賞受賞しているんです。佐賀らしい、こっくりとした米の甘味を醸し出しつつ、後味にダレ感を残さず、適度な余韻を残します。これは癖になりますよ。
十旭日(じゅうじあさひ) 純米吟醸原酒 改良雄町 900円/一合 島根県
十旭日にしては新しい25BYです。「改良雄町」を60%まで磨いて島根K-1酵母で醸した純米吟醸。木槽で搾った後、無濾過のまま瓶詰めし、火入れをしてから3年熟成しています。「改良雄町」は母に「比婆雄町」、父に「近畿33号」を持つ、島根県が開発育成した酒造好適米。その「比婆雄町」も「雄町」を親に持っています。要するに「雄町」の血がかなり濃いハイソな血筋。「雄町」より熟成が早く、耐倒伏性も強く、心白発現率が高いという秀逸なお米。実は「広島雄町」は、この「改良雄町」とイコールなんです。で、味わいは…熟成酒を苦手な方には絶対おススメしません。でも熟成酒ファンには垂涎ものです。酸抑えめのニヒルな「雄町」を堪能できます。ご想像とおり燗も秀逸。かなり熱燗からの燗冷ましが良いですよ〜。

新入荷 2017年3月23日

新入荷 2017年4月6日

お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問合せはお電話にて御願いしております。

TEL 03-3220-2952

日曜定休ですが、月曜日が祝祭日の場合は日曜日が営業日となります。

東京都杉並区上荻1-13-3 第一小河原ビル3F

ページトップへ