新入荷情報

今週の新入荷(2017年8月24日)とピックアップ3本!

今週の新入荷(2017年8月24日)とピックアップ3本!
富久長(ふくちょう) 純米吟醸 無濾過原酒 八反草 900円/一合 広島県
 広島県東広島市の今田酒造本店さん。「富久長」といえば女性杜氏のはしりですよね。取締役兼杜氏の今田美穂さんが中心となって酒造を行っている歴史のある蔵元さんです。このお酒は「八反草」を全量用い、麹米は50%、掛米は60%まで磨いて醸した純米吟醸の無濾過の原酒です。「八反草」って何?と思われる方も多いと思います。それもそのはず。この米は今田酒造本店のみで扱われています。名前から想像出来るように「八反錦」や「八反35号」の先祖なのですが、あまりに長稈で栽培が難しい為に途絶えていたものを、今田酒造本店さんが復活させました。米が非常に固く吸水しにくく扱いづらい…裏を返せば高精白が可能で溶けにくいため雑味も出ない。そんな米の長所を存分に味わえる美酒に仕上がっています。
豊能梅(とよのうめ) 純米吟醸 G×A (高知) 一合900円 900円/一合 高知県
 シックでモダンなラベルが目を惹くこのお酒は、高知県香南市の日本一小さな町、赤岡町の高木酒造さんが醸す「豊能梅 純米吟醸 G×A」です。高木酒造さんは高知県が育成した酒造好適米「吟の夢」と高知酵母にこだわっていて、「G×A」とは「吟の夢」の“G”と高知酵母「AC95」の“A”の頭文字を取って付けられたもの。「吟の夢」はタンパク質含量が低く、淡麗辛口なお酒になりやすい。「AC95」はカプロン酸とイソアミルの両方を生成するので、立ち香は青リンゴの様にフレッシュ、含み香はバナナの様な甘味を醸し出します。そのふたつをかけ合わせているのですから、旨くないハズがありません。とてもクリアで、且つアタックもある味わいに仕上がっています。「豊能梅」の地元酒、有名な「どろめ祭り」大杯飲み干し大会でも使用されているんですよ。猛者は一升を12秒台で飲み干すんだとか…おそろし(汗)。
誉凱陣(ほまれがいじん) 純米吟醸 むろか生 1000円/一合 香川県
 このお酒、口に含んだ瞬間に目がハート形になりました。香川県のこんぴらさんの近くにある丸尾本店。その蔵が醸す「凱陣」は、皆様ご存じのことと思います。がっつりと米本来の旨味を出していて、どちらかというと日本酒上級者向けの味わいと云えるでしょう。ところが、このお酒、旨味はたっぷりながら、なんやら上品さや清純さが感じられて、とても呑み易いのです。「山田錦」を60%まで磨き、熊本9号酵母で醸した純米吟醸の無濾過生酒です。「悦凱陣」と「誉凱陣」の使い分けは…よく分かりません。蔵元兼杜氏の丸尾忠興さん曰く、「字が体を表すが如く、字がお酒を表している」んだそうです。この味わいは「誉」なんですね~。どうやら「誉」の生原酒は10年以上振りなんだとか。伸びやかな米の旨味をご賞味ください。
今週は他にも、
あたごのまつ 特別純米 雄町(宮城/一合800円)
東魁盛 純米吟醸 五百万石(千葉/一合900円)
三好 純米吟醸 山田錦(山口/一合900円)
秀鳳 純米大吟醸 愛山(山形/一合1100円)

などが入荷しております!皆様のご来店、お待ちしております!

今週の新入荷(2017年8月10日)とピックアップ3本!

今週の新入荷(2017年8月31日)

お問い合わせ・ご予約

ご予約・お問合せはお電話にて御願いしております。

TEL 03-3220-2952

日曜定休ですが、月曜日が祝祭日の場合は日曜日が営業日となります。

東京都杉並区上荻1-13-3 第一小河原ビル3F

ページトップへ